2017年11月27日月曜日

「聴竹居」を見学してきました。

 先日、京都の大山崎にある「聴竹居(ちょうちくきょ)」を見学させていただきました。一度は観てみたいと思っていた住宅でした。

 この住宅は建築家である藤井厚二の自邸で、今年、国の重要文化財に指定されました。天王山の麓に建ち、お庭や縁側からは四季折々の景色を愉しむことができそうです。11月の訪問でしたので、美しい紅葉を見ることができました。

 実験住宅として5度目に建てられたのが「聴竹居」でした。自邸を5回も建てることは誰にでもできることではないと思いますが、細部にわたって様々な工夫がされており、約90年も前にここまで考えてつくられた住宅があったのかと驚くばかりでした。機会があれば夏の涼しさを体感してみたいと思いました。

 こんなかわいい(?)石像がお出迎えしてくれます。こちらは建築家の伊東忠太による作品。おなじみのキャラクターに見えなくもない!?ご興味のある方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。詳しくはこちらから≫

http://chochikukyo.com/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿