2017年3月11日土曜日

迂回定期券ってご存知ですか?

 大阪市交通局には迂回定期券という便利なサービスがあります。特に、プレミアムの4区、マイスタイルの5区といった、長い区間を利用される方の場合は、迂回定期券の方がお得な場合がありますので、迂回定期券のポイントをまとめておきます。
 迂回定期券の買い方には、
  ・その1 経路が交差するような買い方は不可
  ・その2 乗り換えは2回まで
などのルールがあります。
 ただし、
  ・住之江公園駅で四つ橋線とニュートラムの乗り換え
  ・コスモスクエア駅で中央線とニュートラムの乗り換え(旧OTS線区間の通過)
は乗り換え回数にはカウントしません。
(例:なんば[四つ橋線]住之江公園[ニュートラム]コスモスクエア[中央線]本町 は乗り換え回数0!)
 この特例がありますので、勤務先が南港(咲洲)の方は、迂回定期券が便利でお得になります。例を見ていただくと、同じ運賃で多くの駅が利用できますので納得がいくと思います。
 また、「梅田・東梅田・西梅田」と「心斎橋・四つ橋」は同一駅として乗り換え可能です。これもうまく使うと便利です。例1、例2で使っています。

迂回定期券の例1(あびこ、なかもず方面)
最短ルート:なかもず[御堂筋線]天王寺[御堂筋線]なんば[御堂筋線]本町[中央線]大阪港~中ふ頭  5区(26.6km)(12,160円/月)
の場合、梅田、谷町四丁目、天満橋に出ることができません。同じ運賃で迂回ルートにすると、
迂回ルート:なかもず[御堂筋線]天王寺[谷町線]東梅田~西梅田[四つ橋線]なんば[四つ橋線]住之江公園[ニュートラム]コスモスクエア[中央線]阿波座
乗り換え駅 1.天王寺駅 2.東梅田駅(西梅田駅)
運賃 5区(12,160円/月)
迂回ルートを太い赤線で示しました。


迂回定期券の例2(長田、生駒方面)
最短ルート:長田[中央線]本町[中央線]大阪港~中ふ頭  5区(19.2km)(12,160円/月)
の場合、梅田、なんば、心斎橋に出ることができません。同じ運賃で迂回ルートにすると、
迂回ルート:長田[中央線]谷町四丁目[谷町線]東梅田~西梅田[四つ橋線]なんば[四つ橋線]住之江公園[ニュートラム]コスモスクエア[中央線]阿波座
乗り換え駅 1.谷町四丁目駅 2.東梅田駅(西梅田駅)
運賃 5区(12,160円/月)


迂回定期券の例3(都島、大日方面)
最短ルート:大日[谷町線]天六[堺筋線]堺筋本町[中央線]大阪港~中ふ頭 5区(22.9km)
(12,160円/月)
の場合、梅田、なんば、心斎橋に出ることができません。同じ運賃で迂回ルートにすると、
迂回ルート:大日[谷町線]天六[谷町線]東梅田[谷町線]天王寺[御堂筋線]本町[中央線]コスモスクエア[ニュートラム]住之江公園[四つ橋線]花園町
乗り換え 1.天王寺駅 2.本町駅
運賃 5区(12,160円/月)

 実際の乗車の際には迂回する必要はなく、最短ルートで乗ってもかまいません。加えて迂回ルートに含まれるすべての駅での乗り降りが自由になります。
 路線図はマイスタイルのものです。いずれも路線の端の駅を登録駅(赤)にしていますので、すべての駅が対象駅(緑)になっていますが、乗り放題になるのは、赤←→赤、赤←→緑のみです。梅田~なんばなど、緑←→緑の乗車が多い方は、迂回定期券を検討する余地があると思います。

 地下鉄駅にあるピンクの自動定期券発行機で、希望のルートの迂回定期券がいくらになるのか調べることができます。購入しなくても確認することができますので、一度、駅でお試しください。
 ピンクの自動定期券発行機について詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/eigyou/price/price_menu/kakusyutoriatukai/jidouteihatsuki.html

 迂回定期券について詳しくはこちらをどうぞ。
http://www10.plala.or.jp/bay_area/ukai.html#kihon


ライフスタイルに合わせて地下鉄を便利でお得に利用して、大阪での暮らしにお役立てください。



0 件のコメント:

コメントを投稿