2016年3月17日木曜日

第1回大阪市パノラマ地図検定(その1)

大正13年発行の「大阪市パノラマ地図」から合計10問の問題を出題します。
後日、解答例と解説を投稿しますので、自己採点をしていただき、

90点以上で1級、80点以上で2級、70点以上で3級が認定されます。

設問(各問共通です)
下の地図は大阪市パノラマ地図のある部分を拡大したものです。
A 地図の中心の赤丸印の場所は当時何があったでしょうか?(建物名、橋名など)
B 現在はどうなっているでしょうか?
C 江戸時代の
天保年間には何があったでしょうか?
D この地図について、自由にコメントしてください。

※Dの自由なコメントが浮かばない方は、問の後にあるヒントにお答えください。

配点は、A、Dは各2点、B、Cは各3点とします。

第1問  昭和30年には何があったでしょうか?手前の川は現在どうなっているでしょうか?



第2問  地図の駅舎は何代目でしょうか?

第3問  地図の塔はその後どうなったでしょうか?

(ヒント)
Aは地図に答えが出ているものもありますので、サービスポイントです。
B、Cについては、「変わっていない」という答えもあり得ます。

江戸時代の手がかりをつかむには、天保年間発行の浪華名所獨案内をご参照ください。
Dは正解はひとつではありません。それぞれの地図について何か気が付いたことをコメントしてください。この土地の想い出でも結構です。答えにくい方は問の後のヒントにお答えください。これもボーナスポイントです。


早くに答えを知りたい方は、下記あてに解答をお送りいただきますと、コメントをつけて返信いたします。
回答は、こちらからどうぞ。
     (「お問い合わせ内容*」の欄にA~Dの解答を記入してください。)

さあ、レッツ、チャレンジ!!
多くの皆さんの回答をお待ちしています。


地図は、こちずぶらりさんからお借りしました。
無料キャンペーンが延長されています。


続きはこちらからどうぞ。



 

0 件のコメント:

コメントを投稿