2012年1月5日木曜日

あけましておめでとうございます!




本年も住まい情報センターを宜しくお願いいたします。




さて皆様はどのようなお正月を過ごされたでしょうか?




お正月と言えば、おせち料理とともにお雑煮が欠かせません。

特にお雑煮は、地域ごとに食材、調理法が異なり興味深いです。



ここ、大阪では煮た丸もちを、白味噌仕立てにしたお雑煮が一般的なようです。


しかし同じ関西でも・・・

★京都★
具は頭(かしら)芋、大根の白味噌仕立て。
具は物事が丸く収まるように丸く切り、仕上げに花カツオを盛ります。


★奈良★
具は蔵が立つようにと、壁に見立てたこんにゃくと四角く切った豆腐を入れた味噌仕立て。
輪切りにした野菜と丸餅には1年円満に過ごせるように願いをこめて、
また豊作を願い、なんと甘いきな粉をお餅につけていただくそうです!



近いところでもこんなに違うとは驚きです!

お雑煮の歴史は古く、室町時代にはお雑煮の原型となる物が食されていたようです。

長い歴史の中で、その地域に根付いた具や願いのこもったお雑煮が浸透していったのですね・・・



我家では大阪風でいただきました。


大阪では昆布とカツオのあわせだしで、具は雑煮大根(雑煮用の細い大根)、金時人参、里芋が一般的だそうです。他にもほうれん草、焼き豆腐、鶏肉、かまぼこを入れるお宅も多いようです。




我家では結び三つ葉、ゆずの皮を入れるのが習慣になっています。
 
こうした各家庭のこだわりがあるのも、お雑煮のおもしろいところですよね。

ぜひ、皆さんの家庭のお雑煮を教えてください!!


そんな大阪の船場のお正月料理の話が聞けるセミナーはこちら↓↓

住まいの大阪学②「船場・大阪の食文化~やっぱり大阪は食いだおれ~」https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/30359


料理の基本!大阪のダシに興味がある方はこちらのセミナー↓↓

住まいの大阪学(3)「大阪の食の知恵~簡単に作れるほんまもんのダシ~」https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/30358



33






0 件のコメント:

コメントを投稿