2019年5月1日水曜日

ゴールデンウィーク中の休館日のお知らせ

本日から新しい元号「令和」のスタートです。


住まい情報センター 4階住情報プラザの
令和元年5月のゴールデンウイーク中の休館日をお知らせいたします。


以下4日間が休館となります。


5月1日(祝・水)
5月2日(祝・木)
5月3日(祝・金)
5月4日(祝・土)



5月5日(祝・日)、6日(祝・月)につきましては、
日曜・祝日の開館時間に則り、10時から17時まで開館いたします。



8階大阪くらしの今昔館は5月1日(祝・水)から5月6日(祝・月)まで開館しております。
皆様のご来館をお待ち申し上げております。


5月7日(火)は、4階住情報プラザ、8階大阪くらしの今昔館とも休館です。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年3月13日水曜日

住まいのライブラリーボランティア 募集中!

少しずつ、日差しがあたたかくなり、春の訪れが感じられるようになりました。


現在、住まいのライブラリーでは2019年度のボランティアを募集しています。


ボランティア活動内容はカウンターでの図書の貸出ならびに返却の受付、図書の配架や書棚の整理もしくはボランティアコーナーでの資料組み、住教育に関する模型製作等を中心としています。


説明会を以下のとおり実施します。(事前申し込みをお願いしています。)


<住まいのライブラリーボランティア説明会>
日 時:2019年3月29日(金)11:00~
    もしくは3月30日(土)11:00~
    ※両日同じ内容です。いずれかの日にご出席ください。(1時間程度です)説明会に出席された上でボランティアの仮登録をされるかどうかを決めていただけます。



以下、募集サイト(住まいまちづくりネット)にリンクしています。


住まいのライブラリー ボランティア募集




ボランティア説明会の開催にあたり、
先日、長年住まいのライブラリーでボランティア活動をしておられるKさんからメッセージをいただきました。許可をいただきましたので、ここに掲載させていただきます。


******************************

ちょっとした時間、無理せず、楽しみながら私たちと一緒にボランティア活動をしませんか。

 私は、退職した後 今まで時間が無くでできなかった趣味の旅行やドライブにゴルフ、カメラ撮影と色んなことをしてみました。半年も経つと少し時間が余るようになりました。
 その時ライブラリーボランティアの募集を目にしました。なんとなく時間つぶしに応募し、なんとなく今年で10年経ちました。私には人に自慢するものは何もありません。
人との関わりが好きなだけです。

 そんな私がおこがましいのですが・・・

ボランティア活動なんて自分にできるかなと思っておられる方、全く心配は要りません。ボランティアは、出来るとき(余った時間)に、出来ること(やりたいこと)を、出来るだけ(自分のペース)参加すればいいのです。

 自分の都合を最優先に、自分の好きなことだけをさせていただいた私は、あまりいいボランティアではなかったと思いますが、そのおかげで楽しく10年が過ぎました。

 ライブラリーボランティアの活動は、一つに、好きな本に囲まれ、本を整理したりカウンターで読書?をしながら、お客様のご案内をし、貸し出しの応対をします。簡単なパソコン操作もしますが、少し慣れれば直ぐ出来ます。事務作業の得意な方には事務作業や模型をつくる活動などもあります。いずれもスタッフから講習会等で優しく丁寧に指導してもらえます。


 以前、「町あるき」というイベントをスタッフの方と企画し参加者を募集して ご案内しておりました。私は、口を出すだけですが、メンバーには目的の町をその都度きれいなイラストマップに描ける方がおられ参加者にお配りし好評を得ました。
 そのイラストマップを集大成編集することになったとき、メンバーに元製本担当者がおられて世界に10冊しかない素晴らしい手作りの本を制作することが出来ました。その中の一冊は今もライブラリーに置いてあります。
 初めて知ったそれぞれの方々の特技に感心し、貴重な経験をさせていただきました。思い出の一冊は私の家にも大切に置いてあります。


 私はさらにもう少し時間ができましたので、8階にあるくらしの今昔館のボランティア、町家衆にも参加しています。イベント(餅つき、夏祭りなど)のお手伝いだけですが、来られる子どもたちへの説明や外国の方への怪しい?英語でのご案内も楽しいですよ。
  余った時間を自分の為、人の為に大切に使ってに楽しく過ごしませんか。お待ちしております。



 なんの特技もなく十年のボランティア活動を楽しく過ごした一ボランティアより

2018年12月28日金曜日

住まいのライブラリー謎解きイベント「すまいまるを探せ!」

最初の謎
リサイクルブックフェアと同時開催で、謎解きイベントを実施します!「住まいのライブラリー」キャラクターすまいまるを探すために、ライブラリー、住情報プラザに散りばめられた謎を解いてみませんか!?
~ストーリー~
住まいのライブラリーのキャラクター「すまいまる」がいなくなっちゃった!住まい情報センターのキャラクターすまじょーくんと一緒に、謎を解いて、すまいまるを探し出そう!

 住まいのライブラリー・住情報プラザってこんなところ!
 住まいや暮らし、大阪に関する図書や雑誌、機関誌、ミニコミ誌、企業広報誌、絵本などを自由に閲覧頂ける専門図書館です!住情報プラザでは、住まいに関するご相談をお受けしています!
http://www.osaka-angenet.jp/


■日時:平成31年1月13日(日)13:00~16:00
     
■受付場所:大阪市立住まい情報センター5階研修室

■申込:不要

■参加無料

■対象:どなたでも(小学生以下のお子様は、保護者同伴でご参加ください)

 当日受付にて、このページ上部に掲載されている最初の謎を解いて、メッセージを伝えてください。
 (最初の謎は会場内でも掲示します。)
 受付にて、謎解きキットをお渡しします。
同時開催リサイクルブックフェアについてはこちらへ
https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/33320

2018年10月27日土曜日

明日(10/28)住まい情報センター3FホールにてDIYワークショップフェス開催します。ご来場お待ちしております!!

大人も子どもも、家族で住まいのDIYを体験しよう!!
輸入クロス(壁紙)の貼り方体験、杉ボックス、フォトフレームアート、ケーキ箱のお部屋など、
いろんなDIYを体験してみませんか?DIY初心者のためのミニ講座も開催します!

●日時:2018年10月28日(日)11:00~16:00
会場:大阪市立住まい情報センター3階ホール

●DIYワークショップ(※先着順受付、ワークショップにより有料)
・ケーキ箱のお部屋(先着30名 500円)
・フレームアート(先着60名 200円)
・ミニトレー(先着30名 500円)
・フォトフレーム(先着30名 500円)
・ミニ杉ボックス(先着30名 500円)
・輸入壁紙の貼り方体験(1回500円)
・テーブルライト(先着60名 500円)
・ぼくのわたしの家をデザインしよう!(紙で家の模型づくり)無料
・住まいの絵本展示
・建築士による住まい相談会(無料)は7階にて実施します。

●ミニ講座
(各回定員20名程度 参加費無料 ※当日先着順受付)
13:30~14:10 子ども部屋のインテリアのポイント/講師:KIWIlabo.
14:20~15:00 ペンキの塗り方、選び方のポイント/講師:インテリアコーディネーター協会関西
15:10~15:50 クロスの張り方、選び方のポイント/講師:(一社)クロス事業協会

※このイベントは当日先着順で体験いただけます。
※DIY体験は有料の催しがあります。
※ミニ講座は無料で参加いただけます。(但し各講座先着20名程度)
※クレオ大阪子育て館フェスタ(会場7階)と同時開催です。

●主催:大阪市立住まい情報センター
●参加協力:インテリアコーディネーター協会関西、KIWIlabo.,(一社)クロス事業協会、(一社)日本商環境デザイン協会関西支部、NPO法人もく(木)の会
●共催:大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館


●お問い合わせ
大阪市立住まい情報センター
〒530-8582
住まい情報センター4階住情報プラザ
「DIYワークショップフェス」係
TEL:06-6242-1160
FAX:06-6354-8601

◆住まい情報センターの開館時間◆
平日土曜9:00-19:00、
日曜祝日10:00-17:00
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、
祝日の翌日(日曜日、月曜日の場合を除く)、年末年始

2018年5月28日月曜日

住まいのライブラリー企画展示「空き家をどうする?」ぜひご覧ください!

4F住情報プラザにある住まいのライブラリーでは、毎月1回、入って左手のコーナーにて企画展示を行っています。



現在のタイトルは
「空き家をどうする?」です。
空き家問題に関する本が集められています。







この企画は、2018年6月9日(土)13:30~15:15(13:00開場)に
住まい情報センター3Fホールで行われる、タイアップセミナー
「借地や長屋の空き家対策


https://www.sumai-machi-net.com/event/portal/event/33161



と、連動しています。(お申し込みは上記ウェブサイトまで)



・親の家を相続したが、だれも住んでいない。
・親が住んでいた家が、老人ホームに入ることで空き家になった
・住宅を購入したときに今まで住んでいた家が空き家になった。どうしようか・・・。


また、普段空き家について考えることがなくても、
住宅街を歩いていて、「あれ?空き家かな?安全や防犯の面では大丈夫かな?」と
思う物件に遭遇することはないでしょうか。


セミナーは申込受付中です(5/28現在)。
関心のある方はぜひお申し込みください。
お時間がありましたらセミナーのお帰りの際に、企画展示図書もお手に取ってご覧ください。
お待ちしております!

2018年2月23日金曜日

連続講座 住まいの大阪学「笑都大阪」開催しました!

平成29年度住まいの大阪学は
「笑都大阪」~笑うまちには福来る~
をテーマに3回連続講座を開催しました!


どの回も盛況のうちに終了しました。
ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。


3回講演の様子を振り返りご紹介します。


第1回「古典のパロディから新喜劇へ」 12月10日(日)開催
講師は森西真弓さん(大阪樟蔭女子大学教授)をお迎えしました。
 
 
文楽や歌舞伎を茶化した俄が舞台芸能へと成長。
さらに創作喜劇「曾我廼家劇」の起こりから松竹新喜劇へつながっていく流れを、
系譜をみながらお話いただきました。
さらに、「上方芸能」編集者時代に取材した藤山寛美氏との思い出などもお話いただきました。
会場では何度も笑いがおき、楽しい会となりました。



第2回「笑福亭松鶴代々と大阪の人々」 1月21日(日)開催
講師は荻田清さん(上方演芸資料館資料整理部会長)をお迎えしました。




「わろてんか」の上方芸能公証を担当し、フィクションであるため、「落語」を大事にしてストーリーが進められることを嬉しく思っているというお話から始まりました。
初代松鶴の師匠である笑福亭吾竹から始まり、代々の松鶴の得意であった演目に触れながら、当時のくらしの様子が分かる錦絵などの資料を示しながらお話をすすめてくださいました。




第3回「萬歳」から「漫才」へ 2月18日(日)開催
講師は藤田富美恵さん(童話作家)をお迎えしました。




第1回、第2回ともに参加してくださり、それぞれの回のお話にも触れてから、会が始まりました。
俄の起こり、ハレの日の話芸であった「萬歳」から、2人で舞台にたつ「漫才」への変遷をお話いただきました。下賎な芸であった「漫才」がえんたつあちゃこの登場により、誰もが楽しめる話芸へと発展したことなどをお話いただきました。最後には先生のお住まいの近くにあった演芸場のお話にも触れ、参加者の皆さんの記憶にも重なり、懐かしいとのお声をアンケートでもいただきました。


   ▲会場の様子


次年度のテーマは検討中です。決まり次第、ウェブサイト等でお知らせします。
是非お楽しみにしてください!

2018年1月29日月曜日

「モダンデザインの住まいと家具」講演実施します(募集)


 特別企画として「モダンデザインの住まいと家具~バウハウスの青年ブロイヤーを中心に~」の講演を実施します。住まい情報センターでは、これまで大阪の歴史や文化に関する様々なセミナーを実施し、たくさんの方にご参加いただいていますが(今年度の大阪学も盛況です!満員御礼)、新たに「デザイン」をテーマにセミナーを実施することになりました。

 講師に美術史家の藤田治彦氏(大阪大学名誉教授)をお迎えし、バウハウス出身のデザイナー、マルセル・ブロイヤーを中心にモダンデザインの住まいと家具についてお話いただきます~

 チラシにはマルセル・ブロイヤー作「安楽椅子B3 ヴァシリー」を掲載しています。
(所蔵先「大阪新美術館建設準備室」)
本作品は世界で初めてスチールパイプを用いたチェアとして知られ、スチールパイプ製家具の先駆けとして後のデザイナーたちに大きな影響を与えたものです。

 モダンデザインの世界に浸りませんか!ご参加お待ちしております~

 開催時期 21018年2月25日(日)14:00~15:30
    場所 住まい情報センター3階ホール